【ベルクの選挙割】
都知事選でもやります!7月31日!投票済証明書をご提示頂ければ、ゆで卵を1つサービス!参院選の時ありつけた方も、知らずにありつけなかった方も、知っていたのに証明書をもらうの忘れてありつけなかった方も是非!鶏の餌からこだわった美味しい卵です。新鮮なので生もイケる!

[PR]
# by bergshinjuku | 2016-07-22 17:11 | +更新情報+
ジャジャーン!
c0069047_20433861.jpg

[PR]
# by bergshinjuku | 2016-07-16 20:44 | +更新情報+
ベルクの選挙割への批判

ベルクの選挙割、ベルクの客だからって反自民とは限らないし、自民に投票する人だっているのにバカじゃないの?というツブヤキがネット上にありましたが、選挙割自体は投票への関心を高めるためのイベントです。どこに投票したかは関係ないに決まっています。バカじゃないの?笑

「選挙割」は邪道だという批判もありました。卵目当てに投票するなんて、民主主義の死だと。よくわかりませんが、投票という神聖な行為を汚すなということでしょうか?人間にはメシ食ったり、クソしたり、眠ったり、様々な行為がありますが、その中でどの行為が神聖でどの行為が低俗かなんて言えるのでしょうか?

政治恐怖症みたいな人もいます。飲食店に「政治的なもの」を持ち込んだってええじゃないか(嫌なら利用しなければいいだけの話)という話をしている時に、殺し合いにならないかと真顔で心配されたことがあります。「政治的なもの」と殺し合いがその人の中では平気で直結するのです。

「平和」を主張しただけで「政治的に偏る」とか「特定のイデオロギーに染まる」と政府が問題にするのもおかしいですが、それにビビるのも実はおかしいのです。「政治的」や「特定のイデオロギー」が過激派や内ゲバを連想させるのかもしれませんが、政治的に偏らない人とかどんなイデオロギーとも無縁な人なんていないのですから。

(店長)

c0069047_17362972.jpg
c0069047_17363824.jpg


[PR]
# by bergshinjuku | 2016-07-09 17:37 | 店長ブログ
【選挙割】
投票行って、うまいもの食う。それが今週日曜日の日本人の過ごし方でしょう。ベルクでは「投票証明書」ご提示頂ければ、ゆで卵一つ、サービス致します!小林養鶏農園の卵のうまさの秘密は環境と餌にある!新鮮!ビールでもコーヒーでも、最高のお供です。うちの茹で名人が心こめて茹でます!


[PR]
# by bergshinjuku | 2016-07-07 20:56 | +更新情報+
「政治的なもの」になぜ蓋がされるのか
シールズは私なんかよりずっと深く政治について勉強されているし、センスもいいですが、おじさんやおばさんがもし違和感を感じるとしたら、彼らが同世代に向けてあえて親しみやすく語りかけているからではないでしょうか。それを甘いとか何とか批判するより、おじさんはおじさんなりに今の政治的無関心を何とかするべきです。

ベルクですら「飲食店に政治的なものを持ち込むな」とクレームをつけられます。「政治的なもの」がまるで臭いもののように蓋をされます。特に今の若い人たちはそれが当たり前の世の中に生まれ、育ちました。が、それが当たり前の世の中は誰にとって都合のいい世の中なのかも考えるべきです。なぜ臭いものなのか。

「政治的なもの」を疎んじる空気こそが政治的であって、まずそこから壊すべきです。若者はアイドルについて話すように政治家について話せばいいのです。あいつの政策はちょっとイケてるみたいに。政治家と若者の間に緊張関係を作ることがまず大事なので。そういう空気作りという意味でも、シールズは健闘しています。

シールズに対する批判の多くは、一言に要約すれば、何か気に入らないです。何が?若者が政治的なものに触れること自体が気に入らないのでしょう。え?やり方の問題?だったら、あなたはあなた(おじさんならおじさん)のやり方で、今の「政治的なものを臭いものか腫れもののように扱う空気」を壊せばいいのです。

(店長)

c0069047_12403429.jpg

「HOW TO VOTE 投票ガイド」(SEALDs)はベルクでもご覧になれます。


[PR]
# by bergshinjuku | 2016-07-03 12:46 | 店長ブログ
今月の展示
今月のベルクの展示は、迫川尚子新作展。プリントは私なので冷や汗タラタラですが、今回は初めてロウ現像に挑戦し、ワクワクしました。一般的なデジタルカメラの画像(ジェイペグ)は、何もしなくても自動的に色が補完され、明るさやトーンが調整され、シャープまでかかっています。それが化学調味料のように鼻についてきました。
今回の迫川作品は、ジェイペグでなくロウと呼ばれる補完・補正前のデータを私が一枚一枚調整したものです。迫川は右手に一眼、左手にビデオカメラなんて撮り方をするくせに、写真家だから当然ですが、どれもわりとしっかり撮れていて、カメラの補正機能に頼る必要がないんですね(むしろ余計なことかも)。
ロウの方が情報量も多く、写真表現の可能性をより秘めています。それを生かすも殺すも(私の)腕次第なんですが。今回はシャープを一切かけず、色やトーンの調整、レンズの補正をちょっとしただけです。今までのようにパッと目に飛び込んでくるハデさはないかもしれませんが、じんわりくるんじゃないかと。
よかったらお楽しみください。

(店長)

c0069047_12263784.jpg

[PR]
# by bergshinjuku | 2016-07-03 12:27 | 店長ブログ
骨付きモモ肉ハム
☆明日☆6月24日(金)は月に一度の特別メニュー、『骨付きモモ肉ハム』の日です!17時より♪
c0069047_19373200.jpg




[PR]
# by bergshinjuku | 2016-06-23 19:38 | +おすすめメニュー速報+
骨付きハムの日
本日!前脚が先に駆けて来る日!うまいよ~
c0069047_11053665.jpg

[PR]
# by bergshinjuku | 2016-06-13 11:06 | +おすすめメニュー速報+
本日午後3時より!
c0069047_10563101.jpg

[PR]
# by bergshinjuku | 2016-06-12 10:56 | +更新情報+
奇跡のバランス(時給1500円は可能か?)

ルミネの幹部にもネトウヨみたいな嫌みを言う人がいました。「金庫いくつ隠し持ってるの?」とか。「一度でいいから飲食店やってみろ」と言いたくなりました。儲からないようになっていますから。よっぽどエゲツないことやらない限りは。じゃあ何でやってんのかって?現場でお客様の喜ぶ顔を見たいからです。それ以外に何がありますか?

私たち個人商店にとって、商売は金儲けというより綱渡りです。絶妙なバランス、駆け引きによって成り立ちます。例えばうちが珈琲一杯216円なのは、立ち飲みだからです。そのくらい安くて美味しくないと、お客様に立ってもらえません。そのかわり回転するから、狭い店でも売上が伸ばせます。売上が伸びれば家賃も上がります。家賃が売上歩合制だからです。ビル(ルミネ)にも貢献できます。ただビルには売上の2割と言われましたが、交渉によって1.5割に抑えてもらいました。それでも館内では一番高い(一坪の)家賃を払っています。食材コストは5割を超すし、スタッフの数は40人。時給は910円〜とは言え、連日大入が出るので実質千円以上。

それで何とかとんとん。給料や業者さんへの支払いや家賃を滞らせたことはこの26年間一度もありません。お陰様で何とか綱渡りを続けてこれました。時給1500円という数字だけにこだわるなら、家賃を固定にするとか価格を上げるとかスタッフの数を減らすとか方法がない訳ではありませんが、今の奇跡的バランスは崩れます。

が、いきなり珈琲一杯の価格を倍に上げるとか、時給を1500円〜にするということは無理にしても、店を続けていくこと、お客様へのサービスの質を落とさないこと、スタッフが安心して働けることを何より優先しながら、慎重にバランスを取り直していくことは可能かもしれない。と今回改めて思った次第です。(店長)


[PR]
# by bergshinjuku | 2016-06-10 17:11 | 店長ブログ