人気ブログランキング |
カテゴリ:ベルク YouTube( 84 )
【ベルク  YouTube】 BERG開店20周年記念パーティー・チケット、7月17日販売開始!!
BERG開店20周年記念パーティー・チケット、7月17日販売開始!!



BERG開店20周年記念パーティー
(11.3 昼 外国人記者クラブ)のチケット、
180枚、/5000円(税込)7月17日から
BERGのレジにて販売いたします。
有楽町で酔いましょう!!

ベルク副店長 迫川尚子


11月3日有楽町プレスクラブで記念パーティーを!(ベルク通信Vol.195)
http://www.berg.jp/tsu-shin/bergt195.htm


POP&音楽 by 井野朋也

c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!

by bergshinjuku | 2010-07-14 00:22 | ベルク YouTube
【ベルク YouTube】 日替わり・動物パン
日替わり・動物パン



1年続いた日替わり動物パン。
思い出に残る傑作の数々。
開店19周年の日の10匹の
ワニパンは圧巻。カメラを準備
していたらあっという間に3匹
売れて、残り7匹を急いで
撮りました。1匹1匹表情が
違うの!

(迫川)


写真 by 迫川尚子
音楽 by 井野朋也

本日のおすすめ、にゃんこ先生/今香子(ベルク通信vol.185)
http://www.berg.jp/tsu-shin/bergt185.htm

c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!

by bergshinjuku | 2010-06-25 02:44 | ベルク YouTube
【ベルク YouTube】 迫川尚子PHOTO MOVIE/故郷の海 1992.8 In Island Of Tanegashima
迫川尚子PHOTO MOVIE/故郷の海 1992.8 In Island Of Tanegashima



井野「種子島・沖縄旅行が92年だったんだね」

迫川「93年くらいかと思った」

井野「ベルクを始めてからたったの2年。でも意識はすでに今とあまり違わない気がする」

迫川「その2年で店の土台ができたしね」

井野「ベルク本にも書いたように、駅ビルB1大改装で店を2ヶ月近く閉じた」

迫川「うちはせいぜい壁の塗り替えだけ。お客さんにどこが変わったの?と見回された」

井野「大改装という名のテナント整理だった。あの頃は小泉政権の前で、テナントの営業権は当然守られていた。家主の都合でテナントを整理する(追い出す)には、大改装しかなかった」

迫川「何千万もする改装協力費が払えないと、テナントは出て行くしかないのね。ベルクはその2年前に業態を変え、何とか協力費が払えた。ギリギリセーフだった」

井野「改装中は会長宅に社員全員が毎日集まって、1ヶ月近く会議した。話が尽きなかった。だんだんこわれてきたけど(笑)」

迫川「『おいしいコーヒーをどうぞ』って看板、ベルクの目印でしょ。それをまず作ろうということになって、キャッチコピーが決まらなくて1日悩んだ。さんざん議論したあげく『ズビズバコーヒー』でいこう!と。翌日、ふと冷静になって『ズビズバコーヒー』って、?(笑)。『おいしいコーヒーをどうぞ』にあっさり決まった」

井野「さすがに旅行でもしようということになり、私たちは種子島と沖縄へ。種子島で私は名越さんをスカウトした。迫川のお母さん」

迫川「私の父と母は、私が幼い頃に島を出たのですが、たまに島に帰ります。この時も夏休みということで一緒に島に遊びに行ったんだよね。数日、親戚の家にお世話になって一緒に生活を共にした」

井野「お母さんは面白い人だなとは思っていたけど、天然なのか計算なのかがわからなかった(笑)。でも、あの道化ぶりはことごとくポイントを押さえていて(笑)」

迫川「店長にそう言われて、自分の母親なのにまさかと思った。どうやって見抜いたの?」

井野「よく覚えてないけど、みんなお母さんのドジに笑う。俺も笑った。腹かかえて。あんまり可笑しくて、これは笑わされてるんじゃないかと思った」

迫川「ベルクで一緒に働くようになってから、私もわかったよ。確かにただのドジな人だったら、ベルクの仕事はつとまらない」

井野「つとまらないどころか、重要スタッフじゃん。ベルクのお花は名越さん担当ですが、あの場所の名物になっている」

迫川「店長と名越さんはよく親子に間違われるけど、私から見ても、声のでかいところと大食いなのがそっくり。気が合うよね。その始まりが種子島だったのか」

井野「あそこまで行ったから聞けた話もある。ほとんどが島の苦労話だけど、聞けてよかった。嫁いだその日に、お父さんに2人の弟、6人の姉妹がいるのを知ったんだってね(笑)。だまされた!って、よっぽど逃げ出そうかと思ったらしいよ」

迫川「8人の小姑と小舅か‥そりゃ逃げたくなるかも。ムービーの冒頭に5人の女性の写真が出てきますが、真ん中が名越さん、右端が私、あとのお3人がその小姑のかたたちです!それにしても、種子島の人はよく笑う」

井野「種子島スマイル!ほんと、いい旅だった」

迫川「ムービーには2枚だけ、屋久島の写真も使われています。お隣の屋久島にも行ったんだよね」

井野「あっ、このつり橋を渡る女の子と、滝の前の男の子の写真。いい写真だよね」

迫川「そうなの。親戚の子なの」

井野「考えてみれば、種子島は山がないからつり橋も滝もない。のっぺらとした島。一方で屋久島には九州一の山がある。ドラマチックな島。お隣同士でエライ違い」

迫川「屋久島は昔から観光の名所だった。種子島は鉄砲伝来で有名だけど(今はロケットでも)、あとは何もない島だと思っていた。でも近年、サーフィンの名所だし、食材の宝庫としても注目されてますね。トコブシの味噌漬けが子供時代の私のおやつだった。そしてこの銀色に光る海。私の原点です」



写真 by 迫川尚子
音楽 by 井野朋也

c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!

by bergshinjuku | 2010-06-20 10:03 | ベルク YouTube
【ベルク YouTube】 Bank ART Studio NYK
Bank ART Studio NYK



ベルクのカウンターの片隅で開催している
土岐小百合さんのメールアート「ときたま」展。
毎日一枚ずつ、日替わりでハガキが展示されているの
お気づきですか?「ぬかみそ、飼いはじめました。」
なんて言葉があったりする。新商品ですか?とお客様
から問い合わせがあったり(何か、新商品のポップと
思われたんですね。無理もない‥)。
その「ときたま」の全作品が展示された、『ときたま1993-
2010コトバノチカラ』を見に、横浜のBank ART StudioNYK
に行ってまいりました。倉庫だったところがそのままアート
ギャラリーになっていて、いやーこのがら~んとした感じ、
すっかり気に入ってしまいました。思う存分、「ときたま」の
世界に浸れましたよ。私もここで写真展やりた~い!

あっ、こちらの全作品展はすでに終了しているのですが、
映像に残してきましたので、よかったらご覧下さい。準備中
の3階の様子、そして1階の「ときたま」の展示風景です。
わたしのフェバリット・ソングの一つ、ロケッツの「ヴィンテージ
・バイオレンス」にのせて(歌詞付き)!

一年間におよぶベルクの「ときたま」日替わり展も、残すところ
わずか(6月いっぱい)となりました。
土岐さんのベルク出現率も高まり、最終日は1日いらっしゃる
とのことです。
さあ今日はどんな言葉で、誰がドキッとやられているかな?

(迫川)

Vintage Violence.Like A Rolling Knife......


映像 by 迫川尚子


ときたま
http://www.tokitama.net/
日替わりときたま@新宿BERG
http://blog.tokitama.net/archives/51271235.html

ときたま1993-2010 コトバノチカラ
http://blog.tokitama.net/archives/51528155.html

Bank ART1929
http://www.bankart1929.com/

横浜 ときたま バンク・アート・スタジオ (迫川ブログ)
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/269/
c0069047_375395.jpg


c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!

by bergshinjuku | 2010-06-12 03:09 | ベルク YouTube
【ベルク YouTube】 ベルクの卵の親たちに会ってきた!

ベルクの卵の親たちに会ってきた!



ついに行ってまいりました!小林養鶏農園に。
以前、取材を申し込んだことがあるのですが、
鳥インフルエンザ以降、どこの養鶏場も部外者が
入れなくなって、せっかく来ていただいても
ご案内することができないと小林さん、
申し訳なさそうというよりほんと悔しそうで、
わたしたちもあきらめざるを得なかったのです。
でもやっぱり入り口の看板だけでも見たい!
ということで、今月の14日、あえてアポもとらず
町田へと向かいました。横浜線の相原駅を降り、
神社と団地を突っ切って山の中へ入るという、
ただそれだけの地図を頼りにぐんぐんと山奥へ。
結果を申しますと、小林則幸さんと(小林3兄弟の
次男の方)やっとお会いすることができました。
古いお付き合いなのに、私たち初対面だったんです。
ベルクにも何度かお客様でいらっしゃているのですが、
ずっとすれ違いで。積もる話がありすぎて、お互い
興奮しまくり。則幸さんが水彩画の画家であることも、
今回初めて知りました。ニワトリの絵を描かれている
そうです。今度、ぜひ拝見したい!はじめは師匠に
すすめられ、ニワトリ?うんざりと思ったそうです。
そうかも知れません。私もベルク本を作った時
そうでした。うんざりはしないまでも、身近過ぎて
なかなかベルクの写真が撮れなくて。則幸さんは、
やはりベルクの立ち退き問題が気がかりらしく、
今までのいきさつを詳しくご説明しました。
鶏舎にはもちろん近づけず、事務所でお話した
のですが、トリたちのエサを作るところを見せて
いただくことになって、もう驚きと感動の嵐でした。
本当に手作りなんですね。美味しそうというか、
絶対にあれは美味しい。人間が食べても。
消化を助けるために砂が入っていて(ニワトリは
歯がない)、そこだけ私たちには不向きですが。
あとはもう詳しくお教えできなのが残念ですが、
山のもの(自生する薬草や野草)海のもの…
自然のものばかり配合しています。袋を開けると
潮の香りがしたりして。山の中でですよ。すてき。
業務用の餌は使いません。何を使っているか
わからないからです。それを与えると、面白い
くらい卵を産むそうです。何か薬品でも入っている
のでしょうか。だから小林養鶏農園のニワトリたちは
みな慎ましやかに卵を産みます。文字通りの自然卵!
なんですね。鳥インフルエンザ以降、放し飼いもしにくく
なりました。それでも鶏舎は自然環境にさらされています。
夏は暑く冬は寒い。生き物相手ですもん。タヌキに襲われ
ないよう罠をしかけたり、西日を遮断したり。24時間気が
ぬけないとおっしゃってました。そうでしょうねぇ。ニワトリは
皮膚呼吸出来ないらしく、強風にも弱い。水を補給しながら
体温維持をするそうです。その水が万が一止まってしまったら、
完全にアウトです。私たちはニワトリのことを何も知らない!
と思いました。実は、鶏舎の中は無理でしたが、入り口まで
案内していただいたのです。3歩歩けば忘れるというのは
本当で、バカなトリですが、エサをくれる人はわかるようです
と則幸さんがいうように、鶏舎に近づくとトリたちがいっせいに
るるるるるるると歌いはじめました。ベルクの卵の親たちとも
ご対面できたし、大感激の1日でした。

迫川尚子


映像&写真 by 迫川尚子
音楽 by 井野朋也


小林養鶏農園
http://www.f6.dion.ne.jp/~etatu/

c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!

by bergshinjuku | 2010-05-18 12:51 | ベルク YouTube
【ベルク Youtube】 スズキコージ ライブ・ペインティング 2005.8.12
スズキコージ ライブ・ペインティング 2005.8.12



10年以上前になりますか、
絵本作家としても有名な画家の
スズキコージ(ズキン)さんに、
ベルクのエスプレッソ・コーヒーの
宣伝用ポスターを依頼したことが
あります。当時高価なエスプレッソ
マシンを購入したばかりで、
グレードがさらにアップしていました
(現在は、さらにさらにアップ!)。

ベルクのコーヒーは冷めても美味しい、
のが自慢。冷めたカップの上で冷めた
関係のカップルがソッポを向いたまま
冷めたコーヒーを飲むという私のアイデア
(という程のものでもないですが)を
生かしてスズキさんは素敵なイラストを
描いて下さいました。

たまたま街をほっつき歩いてたら、路地の
奥まったところにすーっと風の抜けるお宅が
あって、ベランダには何やら得体の知れない
オブジェが飾ってあるというより放置されて
あって、つい中を覗くとスズキさんが座って
らっしゃいました。思わず「スズキさん!」と
声にすると、スズキさんは手招きして下さって。
中でお茶をご馳走になり、秘蔵の作品(後に
ベルクで展示)を見せていただき、随分長居
してしまいました。調子にのってポスターの
依頼をしたら快諾して下さったのです。

映像のラストに、そのエスプレッソ・ポスターが
登場します。しばらく店内の一番目立つ所に
立派な額縁に入れて飾ってあったのですが、
一種のギャザリングですか、ベルクは数が
出る商品ほど価格が下がるというシステムで、
お陰様でエスプレッソはまだマニアックな商品
だったにも関わらず出るようになったのです。
価格があっという間に250円からブレンドと同じ
200円に下がりました。ポスターには「250円」
とあって、それはもう作品の一部であすから変える
訳にもいかず、引っ込めざるを得ませんでした。
スズキさんがお客様でいらっしゃるたび、
「ポスターは?」と聞かれ、「今、大切に保管して
あって」とあわててごまかします。でも、正直に
価格が変わったと説明すれば、スズキさんのこと、
ひょいひょいとその場で直して下さるかも。今度
そうしてみます。

さて、映像は5年前にやはり偶然、池袋の
サンシャインシティ、確か展望台のあるスカイ
ギャラリーで、スズキさんがライブペインティング
されてるところに遭遇、迫川が連写しまくった
写真です。

井野朋也


写真 by 迫川尚子
音楽 by 井野朋也


スズキコージ公認ホームページZUKING
http://www.zuking.com/

c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!

by bergshinjuku | 2010-05-01 22:35 | ベルク YouTube
【ベルク YouTube】 峰屋讃! 2010.4.17 TBS「知っとこ」
峰屋讃! 2010.4.17 TBS「知っとこ」



4月17日(土)に放映されたTBS「知っとこ」のハンバーガー特集のコーナーで、峰屋さんが紹介されました。主役は峰屋の高橋さんといってもいいくらい本格的密着取材だったそうです。20くらいのハンバーガー専門店に峰屋さんはおろしていますが、どれもその店の店主と相談しながら、その店専用に開発したバンズなんですね。それを見て、ベルク副店長迫川は、改めて峰屋さんのすごさを実感したそうです。うーん、食べにいきたい!!配達するシーンを撮ることになり、高橋さんがあえてベルクを指名してくれて、ハンバーガー特集なのに、ベルクもちらっと映ったのでした。

井野朋也


写真 by 迫川尚子
音楽 by 井野朋也

c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!

by bergshinjuku | 2010-04-21 10:55 | ベルク YouTube
【ベルク YouTube】 写真はコミュニケーション/迫川尚子特別講座
写真はコミュニケーション/迫川尚子特別講座



四谷の現代写真研究所。
私も、ここで写真を学んだ一人です。
昨年(6.26)に続き、今年(4.3)も
特別講師として呼んでいただき、
のこのこ皆さんの写真を拝見に
まいりました~。

迫川尚子


大きなテーブルの上に、
受講生の方たちの撮った写真が
並べられていく。自分で自分の写真に
1位から6位まで順位をつけてもらい、
その順番で…いま、この瞬間の
ベスト6ね…と。それから副店長が
どうしてこの順位になったか、
一人ひとりにたずねていく。
改めて自分の写真に向き合う。
自分の気持ちを探す。
皆で見る。
皆で聞く。
皆で考える。
深い時間が流れる。
自分も気づかなかった
(或は気づきたくなかった?)
自分を知ることもある…
あれ、この感じ。
ベルクと同じだ!

今香子


映像 by 今香子
音楽 by 井野朋也


●写真学校:現代写真研究所ー写真の基本技術と表現、見る視点を磨く学校
http://www.genken.ac/
●2009.6.26の迫川尚子特別講義の様子はこちらからご覧になれます。
体験的写真論01
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/116/
体験的写真論02
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/117/
体験的写真論03
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/118/
体験的写真論04
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/119/
体験的写真論/インターバル
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/120/
体験的写真論05
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/122/
体験的写真論/合評編01
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/123/
体験的写真論/合評編02
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/124/
体験的写真論/合評編03
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/125/
体験的写真論/合評編04
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/126/

●ベルク副店長・迫川尚子、現代写真研究所で先生になる。
http://norakaba.exblog.jp/14122051/

c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!

by bergshinjuku | 2010-04-19 23:43 | ベルク YouTube
【ベルク YouTube】 NEWS23X 2010.4.6 シリーズ新宿「消えたホームレス」短縮版
NEWS23X 2010.4.6 シリーズ新宿「消えたホームレス」短縮版



ベルクの常連さんでもある稲葉剛さん(もやい代表)の『新宿WEバス物語ー車窓から見える街 見えない街』(雑誌「都市問題」1月号)が、この番組の元になったそうです。稲葉さんも出演されています。迫川の写真も冒頭に使われました。「シリーズ」化されるそうなので、今後の展開が楽しみ!元になった稲葉さんの記事は、ベルクの取り上げ方もさることながら、新宿駅周辺の循環型バスから見える新宿、見えない新宿という目のつけどころに唸らされました。雑誌は完売しましたが、近々記事をコピーして、店に貼る予定です。

井野朋也


●TBS「NEWS23 X(クロス)」 ホームページ
http://www.tbs.co.jp/news23x/

●ベルク ホームページ【おすすめ本】雑誌"都市問題"1月号
http://norakaba.exblog.jp/13448181/

●特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい ホームページ
(東京市政調査会発行『都市問題』2010年1月号に、稲葉剛さんの「新宿WEバス物語」の全文が載っています。ベルクのこともふれられています。)
http://www.moyai.net/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=228

稲葉剛さん著のハウジング プア(単行本)


c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!




by bergshinjuku | 2010-04-18 23:56 | ベルク YouTube
【ベルク YouTube】 街の妖精 小さいおじさん
街の妖精 小さいおじさん



うちの愛染(ベルク通信編集長)が、
有楽町の『日計り』展に来てくれたときに、
北新宿の研ぎ屋さんの看板の写真の前で、
「小さいおじさんは?」と聞くのです。
「ああ!小さいおじさん!」と私たちも
叫びました。93年。交差点付近。公衆電話と
ジュースの自販機の間に「研ぎ」と目立つ字で
書かれた看板が、縦、横、何枚もくくりつけて
あって、そこに小さく「雨天中止」「水と金」
「包丁…その場で仕上げ」とあって。そういえば
ありました。こんなのが。実際、研いでいるところ
に出くわしたことはないのですが。愛染は迫川が
その場所を別の角度から撮った写真を思い出した
のです。たしか看板をくくりつけたポールか何か
の上に小さいおじさんがあしを組んで座っている。
どうしたっけその写真!「街から」という北区の
タウン誌に発表したんだ。いや、掲載後に
気づいたんだけど、そのおじさんに。部屋中
引っ掻き回して出てきましたよ。スキャンして
拡大しているのでボケボケですが、いるでしょ?
迫川はこんどネガから大きく引き伸ばしてみると
いっています。お楽しみに。

井野朋也


写真 by 迫川尚子
音楽 by 井野朋也


「研ぎ」の写真はこちらでご覧になれます。(空隔の街・新宿)
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/188/


c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!

by bergshinjuku | 2010-04-07 09:48 | ベルク YouTube