人気ブログランキング |
<   2010年 11月 ( 71 )   > この月の画像一覧
ハム中継♪残りわずかです♪
ハム中継♪残りわずかです♪_c0069047_20312041.jpg

by bergshinjuku | 2010-11-25 20:31
骨付ハムスタートしました♪ご来店お待ちしております♪
骨付ハムスタートしました♪ご来店お待ちしております♪_c0069047_17194082.jpg

by bergshinjuku | 2010-11-25 17:19
本日月に一度の骨付もも肉ハムの日です♪17時からスタート♪ご来店お待ちしております♪
本日月に一度の骨付もも肉ハムの日です♪17時からスタート♪ご来店お待ちしております♪_c0069047_1253684.jpg

by bergshinjuku | 2010-11-25 12:53
しっとり食感♪新作ショコラマドレーヌ登場♪
しっとり食感♪新作ショコラマドレーヌ登場♪_c0069047_20233728.jpg

by bergshinjuku | 2010-11-24 20:23
【20周年記念パーティー】 11/15毎日新聞夕刊の記事全文です。(画像クリックで拡大します)
【20周年記念パーティー】 11/15毎日新聞夕刊の記事全文です。(画像クリックで拡大します)_c0069047_10515190.jpg


【20周年記念パーティー】 11/15毎日新聞夕刊の記事全文です。(画像クリックで拡大します)_c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!
by bergshinjuku | 2010-11-24 10:52 | +その他+
【伊勢角谷麦酒】 伊勢志摩のみの限定品”神都ビール”がベルクに登場! #beer
【伊勢角谷麦酒】 伊勢志摩のみの限定品”神都ビール”がベルクに登場! #beer_c0069047_23314765.jpg


【伊勢角谷麦酒】 伊勢志摩のみの限定品”神都ビール”がベルクに登場! #beer_c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!
by bergshinjuku | 2010-11-23 23:34 | +限定ビール情報+
【副店長ブログ】 大野更紗さんから、ベルク応援メッセージをいただきました。
大野更紗さん!

大野更紗さんから、ベルク応援メッセージをいただきました。
「わたし、ぜったいベルクに行きたいんです。まだ行ったことないんです。
なくしたくない。出来る限り応援!」

大野更紗さんは、現在、自己免疫疾患の難病を発症、
その体験を綴ったエッセイをWEBで発表しています。
『困ってるひと』ポプラ社・ポプラビーチ・エッセイ
http://www.poplarbeech.com/

隔週月曜日配信です。
明日は第6回目。

難病女子、ついにご危篤。完全ショック状態のなか、
女子はなにごとを垣間見たのか?!「序章」のクライマックス。
『わたし、瀕死です』―うら若き女子、ご危篤となる

初めての方は第0回からどうぞ。
第0回 絶望は、しない──わたし、難病女子
http://www.poplarbeech.com/komatteruhito/005094.html

壮絶な検査の中でもユーモアに溢れる言葉に勇気をもらえるエッセイです。
私はちょっと救われる感じになりました。

ぜひベルクに来てほしい。
待ってます!

迫川尚子


【副店長ブログ】 大野更紗さんから、ベルク応援メッセージをいただきました。_c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!
by bergshinjuku | 2010-11-22 02:53 | 副店長ブログ
【ベルク YouTube】 有楽町で酔いましょう/ベルク神輿編
有楽町で酔いましょう/ベルク神輿編


映像 by 秋山高史郎 春名智也


スペイントコトコあるき(ペグハウス)
http://jspanish.com/yomimono/toko/toko14.html

有楽町で酔いましょう 2010.11.3 平早勉編
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/339/


【ベルク YouTube】 有楽町で酔いましょう/ベルク神輿編_c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!
by bergshinjuku | 2010-11-22 01:54 | ベルク YouTube
ただ今、ベルクでは「鈴木清展」展を開催中!副店長の迫川が書いた、鈴木清追悼の文章
ただ今、ベルクでは「鈴木清展」展を開催中!
10年前に副店長の迫川が書いた、鈴木清追悼の文章がでてまいりました。
ここにご紹介します。


見果てぬ夢

十年前、新宿駅構内に、小さいながら、自分たちの店をもちました。目の前を毎日何万という人間が通り過ぎていきます。商売にならなければ店は続きませんが、商売にすればいいんでしょ(って簡単にいけばいいんですけどね)、壁は自由に使わせて。商売の支障にならない範囲でするから。
そんな訳で、殆ど衝動的に、ベルクという店で、月がわりのオリジナルプリント展が始まりました。先日亡くなられた鈴木清さんには、いつの間にか、勝手に顧問になっていただいて。
でも実際、鈴木さんは毎月店に律儀に見に来て下さいましたし、写真家を、鈴木さんと並ぶ大御所からご自分の教え子さんまで、何人も紹介して下さいました。感謝の気持ちでいっぱいです。ただ、こんなことは言うだけ空しいですが、なぜ今なの?という思いはあります。これでは他人の面倒見がいい鈴木さんという話に落ち着いちゃうじゃありませんか。鈴木さん顧問なんだから。まだまだ聞けずじまいのことが沢山あるのに。もっともっと食い下がらせてもらう時間がほしいのに。
ベルクは、場所柄、雑多な人間が、移動のあい間にほんの一息ついて、またあわただしく人混みに消えていくビア&カフェです。写真は、店内の折れ曲がった壁に並べるのですが、飾りにするには主張の強すぎる写真もありますし、かと言って、ギャラリーのように鑑賞する雰囲気ではなくて、写真に全く見向きもしない人もいれば、ビールのつまみにする人もいる。コーヒー飲みながらぼんやり見るともなく見る人もいる、という状態です。
写真展の感想ノートにも、ギャラリーとはまた趣のちがうコメントが書かれるようです。一度、盗み撮りはやめろという批判があり、ノート上で大論争になったことがあります。その月の写真展は、街で見つけた男女の、老人から若者までですが、カップルの写真ばかりを集めていました。被写体と写真家の距離感が、決して遠すぎず、近すぎず、その場の空気までちゃんと盗みとったような、胸にしみる写真でした。いわゆる「盗み撮り」の写真は、確かに巷にあふれています。しかし、それらが品性下劣な感じがするのは、盗み撮りというより、むしろ何も盗んでいないのに盗んだつもりになっているからではないか。ノート上でそのような作品擁護の反論が続出したのです。作家はさすがにかなり動揺したようで、写真展の中止を申し入れてこられました。ただあの批判自体は悪質ないやがらせにしても、それをきっかけに、様々な言葉が呼び起こされたのはとても面白く思い、もう少し続けて様子を見ましょうと説得しました。顧問であり紹介者でもある鈴木さんも、心配してすぐ電話をかけて
こられました。事情を説明すると、すぐ安心され、「有難う」とお礼まで言われました。その後、感想ノートに目を通され、こんなことはギャラリーじゃ起こらないよ、ここは面白い場所だねとおっしゃいました。鈴木さんはいつもじっとしていられず、動き回っていないといられないような方でしたが、その時もさあーっと店にいらっしゃって、ほんの一瞬ですが、でかい獲物でも釣り上げたかのような、晴れ晴れした顔をされたのを思い出します。ベルクで写真展をやる意味を、その勢いにのって私もつかみかけた気がしました。ただ、鈴木さんとは一度もあらたまって、腰をすえてそのことについてお話したことはありません。今書いてふと思ったのですが、腰をすえたとたん逃してしまう何かを追いもとめるのが鈴木清という写真家だとしたら、そんなことは初めからかなわぬ夢だったのかもしれません。私にしても、殆ど衝動的に始めたことですし、鈴木さんとも衝動的に出会った。それがことの全てだったのかもしれません。
といっても、鈴木さんご自身の手によるベルクでの鈴木清展はついに実現していません。「流れの歌」のオリジナルプリントをお借りして飾らせていただいたことはあるのですが、何年かのうちには絶対に、と密かにもくろんでいたのですが。たまたまというより、それに関しては……鈴木さんは腰が重いように私には見えました。勿論、床から天井まで空間全部を自由に駆使して作られる鈴木ワールドが、店ではどこまで可能かと私だって考えました。鈴木さんは初めから諦めていたかもしれませんが、私は相当覚悟していたのです。その月だけは、ひょっとして営業にならなくても…と、それは無責任で、気持ちの上の話ですけど。鈴木さんはあくまでもギャラリーの中で無意識の制約をほどこうとされた。
それが、あのどこが始まりでどこが終わりかも分からない、迷宮のような写真展になったのだと思います。でも、それ自体が迷宮のようなベルクという店で、店には店の制約がありますから、それを鈴木さんはどうふりほどくのか、恐らくギャラリー以上に壮絶なバトルがまちかまえているでしょう。ぜひ、一度お手あわせ願いたかった。鈴木さん、さすがにびびったのかな。少なくとも、ものすごく慎重ではあったな。それだけ、やっぱり大変なことなのだろうと色々考えます。
でもそれについていくら腰すえて話し合ったところで、きっとらちはあかなかったでしょう。もっと無責任に、衝動的にのせるしかなかったでしょう。それには、もうちょっと私もエネルギーを蓄えて、タイミングを見計らうしかなかったでしょう。そのチャンスが永久に奪われたのはくやしい。神様を、本当に私はうらみます。


迫川尚子(『写真の会』会報No.46 2000 5.27 追悼鈴木清より)


東京国立近代美術館で鈴木清展開催中!!
鈴木清写真展『百の階梯、千の来歴』2010.10.29-12.19
http://www.momat.go.jp/Honkan/suzuki_kiyoshi/index.html

忘れられない写真家鈴木清の仕事 98,99,00
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/290/

ただ今、ベルクでは「鈴木清展」展を開催中!副店長の迫川が書いた、鈴木清追悼の文章_c0069047_11247.jpgこのブログ記事をTwitterでみんなに教える!
by bergshinjuku | 2010-11-22 01:24 | +その他+
種子島は安納芋の季節です♪
種子島は安納芋の季節です♪_c0069047_1226485.jpg

by bergshinjuku | 2010-11-21 12:26